HOME > 取扱商品 > カット野菜のメリット

カット野菜のメリット

省力化

野菜のカット・洗浄などの時間が減少するので人件費が削減でき、社員やパートにもっと付加価値の高い仕事を与える事が出来ます。
例)キャベツの千切、大根のつまなど、単純作業で手間のかかるもの

スピーディ

プレカットしてあるので、いち早くお客様に提供できます。

衛生的

プレカットの段階で何度か洗浄してあるうえ、もう一度店舗で水洗いするためより衛生的です。 ゴミ(外葉、芯、痛んだ部分など)や、根菜類などの土(土壌菌)が入らないので、厨房内も汚れません。

野菜メニューの多様化

カット野菜の使用により、提供工程の簡略化が出来るため、少量、多種の野菜を使用でき、幅広いメニュー提案が可能になります。

経費削減

従来のホール野菜と比べ、カット野菜の場合、保管スペースが、約2分の1となり、冷蔵庫内の有効活用に役立ちます。また、水道光熱費・ゴミ処理費等も削減出来ます。

カット規格の安定化

店舗にてパート・アルバイトに作業させる場合、店舗毎や日々でサイズの大小差異が生じることがありますが、カット野菜の場合、規格の均一化がはかれます。

在庫・原価管理

カット野菜は、ほとんどのものがグラム・キログラム単位でのお届けになりますので、発注や在庫管理が、簡単・明確になります。

例)50食分のサラダをつくる場合

レシピ 1食分(内訳:レタス40g キャベツ40g 人参20g)

・カット野菜を使用

 
レタスカット2kg1kg/パック × 2
キャベツ千切2kg1kg/パック × 2
人参千切1kg0.5kg/パック × 2

・ホール野菜を使用

出来高
レタス8個(約3.2kg)2kgの予定が1.5kg
キャベツ2個(約2.5kg)2kgの予定が2.3kg
人参7本(約1.4kg)1kg予定通り

この場合レシピー通りにつくればホール野菜では50食分できません。
この時、レタスを購入して不足分をつくることになり、キャベツは残ってしまいます。

トータルメリット

カット野菜の導入には、目に見える成果と目に見えない成果が発生します。

“カット野菜の導入により、作業を簡素化し、
各種管理を簡単明確にすることでお客様をサポートする”
それが私どもの仕事です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ